トップ > ホリスティック健康学

脳の機能をアップさせる秘訣

脳の機能を高めるには?


5つの脳の毒を避けましょう
 
集中の問題、頭のもやもや、極度の疲労、そして日々悪化する新世紀型の病気という、
いつ大爆発するかもしれない隠れた核爆弾にさらされていることに、あなたは気づいていますか?

脳の機能を高めるにはどうすれば良いでしょうか?
 
問題は、これらの気づかない毒素への汚染が手遅れになるまで知らされず、検査もされないことです。

我々の文化は常に、私が好んで使う表現ですが“脳の毒”にさらされています。
大部分の脳の毒は、グルテンたんぱく、未発酵の大豆、血糖値の不均衡、
悪い姿勢、座り続けるライフスタイルにあります

 
では、知らないうちにあなたの脳を汚染する5つの毒素とは何でしょうか?
 
1 グルテン過敏

現代の社会生活で最も日常的な栄養毒素は、小麦、大麦、ライ麦、オート麦、
カムート小麦、スペルト小麦などに含まれるたんぱく質です。

グルテン研究家のKenneth Fineによると81%の人にグルテンアレルギーがあるそうです。
グルテンが体内に入ると程度にもよりますが細胞炎症反応を引き起こします。
炎症が弱い人もいれば深刻な炎症を起こす人もいます。

グルテンに反応して炎症カスケードを起こす最も脆弱な組織は脳と神経系です。
分泌される免疫分子(サイトカイン)は脳組織を破壊し大規模な神経学的損傷を引き起こします。
この反応による最もよくみられる症状は“頭のもやもや”、記憶の問題、精神疲労です。
 
ヒント:アレルギーがあってもなくても、グルテンが含まれる食品は避けましょう。
パンやパスタの代わりに野菜や健康的な脂質を摂るようにしましょう。

 

2 未発酵の大豆

大豆の主要なイソフラボンの一つである、ゲニステインは脳内の酵素のチロシンキナーゼを
阻害することが示されています。チロシンキナーゼの量が最も多い場所は海馬です。
海馬は学習と記憶を司る領域です。

大豆を高頻度で摂取すると記憶の仕組みを阻害してしまいます。

さまざまな研究で、多量の豆腐や未発酵大豆食品の摂取は、
認知症や認知障害のリスク上昇と関連することが示唆されています。

その一方で、テンペのような発酵大豆食品は認知能力向上と関連があります。

深い発酵過程で酵素阻害剤と植物エストロゲンが取り除かれるのではと仮説が立てられています。
加えてこの過程で、脳や神経系機能にとって重要な栄養素である葉酸が増加します。
 
ヒント:豆腐をテンペに変えよう。そうすれば脳はあなたに感謝しますよ
 

3 血糖値の不均衡

脳はグルコースをエネルギー源としています。
2003年の全米科学アカデミーの研究によると、記憶は悪い血糖代謝によって
損なわれることが分かりました。糖代謝がゆっくりであるほど、
少ないエネルギーで記憶をすることができます。

安定した血糖値は、健康な脳と素早く効果的な神経細胞活動に重要です。

異常な血糖値レベルは神経損傷と保護血液脳関門を弱めます。
これにより、異なる毒素や他の粒子を容易に通過させるため脳機能を破壊します。
アルツハイマー病の仕組みは悪い血糖代謝によるものです。
この前糖尿病性障害は血液脳関門を開き、毒性アルミニウム粒子を側頭葉の敏感な領域に蓄積させます。
 
ヒント:野菜、健康な脂質とタンパク質によるホールフーズダイエットを行い
糖質と加工食品を避けることで血糖値を安定させることができます

 

4 座り続ける生活

脳は筋肉や関節受容体からの継続的な酸素や活性要素に依存しています。
動きが少ないことは脳への酸素供給が少ないことを意味しています。
 
ヒント:毎日の座っている時間を制限し、できるだけエクササイズを行いましょう。
たとえば、1駅前でバスを降りる、エレベータではなく階段を使う。
またハイ・インテンシティ・サーキット・トレーニング(HIIT)を行う。

 

5 悪い姿勢

悪い姿勢と脊椎のゆがみは、脊椎の関節受容体の異常の原因となり、
脳へのフィードバックパターンを壊します。

脳へのフィードバックパターンの問題は、体の動きのパターンの阻害になります。
慢性的な悪い姿勢は脳機能に有害な最も大きな要素の一つです。
 
ヒント:1日の中で、できるだけ立ち上がり、体を動かそう。
普段使うデスクをスタンディングデスクに変えることで、
姿勢が良くなりカロリー消費量が40%アップします。

 

ボーナス 脳の機能アップの秘訣!

アカーソ博士による免疫システムブースター

強い免疫システムは脳と体にとって重要です!

グルコースとビタミンCは似たような化学構造をしています。

では血糖値が上がったときに何が起きるでしょう?

グルコースとビタミンCは脳細胞に入りこむために互いに競いあいます。
この作用はグルコース投与とビタミンC投与の際にも同じように働きます。

グルコースが多い場合ビタミンCが細胞に入りこむ量が減少します。
120の血糖値レベルを食作用指数75%まで下げるのに、それほど時間はかかりません。
 
砂糖を食べると免疫システムが地を這うように遅くなると考えてください。
糖質摂取を低く抑えることで免疫システムが最適に機能し、脳機能も最適になります。
 
行動しなければ知っていても意味がありません!
 
知っていても行動しなければ意味がありません。
健康的な生活をするために次のヒントを試してみましょう。
 
あなたが実行できるようにカスタマイズされたアドバイスを求めてください。
 
脳機能、集中力、創造性を高める
エネルギーを高め生産性を上げる
理想の体を手に入れる
 

ハイパフォーマンス・ヘルス・チェックを受けて、あなたの健康レベルを次の次元に引き上げませんか?


出典:スーパーヒューマンアントレプレナー(ドクター・ジョーンズ氏のブログより)
日本語訳:ホールフード・ライフスタイル・ラボ


ホリスティック健康学のトップページに戻る

< スーパーフードを通販で購入するならホールフード・ライフスタイルへ >

販売業者
Whole Foods Lifestyle
所在地
東京都豊島区東池袋3-1-4-1211
電話番号
050-5534-5527
メールアドレス
support@wholefoodslifestyle.net

ページトップへ