トップ > 『汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ』 - 腸と脳の健康の関係性

『汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ』 - 腸と脳の健康の関係性

あなたの胃腸は健康ですか

『汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ』 - 腸と脳の健康の関係性

 『健康は腸から始まる』 

古代ギリシャの医者ヒポクラテスがそう言ったことは有名です。
しかし、現在では腸の健康と脳の健康は互いに関連していることを知っている人は少数です。

アメリカのリサーチ記事の内容をご紹介します。

「セロトニン(健康と幸せを感じさせる神経伝達物質)は胃腸で始まる」

現在では人体におけるセロトニンの90%は胃腸にあって、
私たちの思考と精神の健康に大きな影響があると言われています。


あなたの胃腸はあなたの精神状態と密接な関わりがあります。

うつは胃腸から始まると言ってもいいくらいです。


胃腸の疾病に関する国際機構は、
身体的な症状と過敏性腸症候群の関連について述べています。

驚くことに、胃腸の調子を整えることで鬱状態を克服したり、
集中力が改善されたり、不安が取り除かれたりするのです。

次に、ロバート氏の例をご紹介いたします。

 

 ロバート氏の事例 


ロバートは一見するととても健康そうに見えました。
体重は90キロで筋肉質、映画俳優のように自信たっぷりに見える31歳の男性でした。

毎日ジムに通い、週末はハーレーダビッドソンに乗り、
毎週教会で奉仕活動を行っていて、健康そのものに見えました。

外側から見れば完璧でしたが、実はロバートの内側は全くそうではなかったのです。

彼がヘルスコンサルタントの元へ訪れた時、
彼は10年間に15箇所の病院通いをしているほどの鬱状態、
だるさ、慢性的な腹痛と下痢に悩んでいたのです。

彼は絶望的な表情をしていて、
結果も出ないのに検査を受け続けることにうんざりしていました。

そして彼は考えられるすべての種類の薬を処方され、
免疫を抑制され続けたことでアレルギーや風の症状に苦しみ続けていました。

治療の方針を決定するために、ヘルスコンサルタントは彼に遺伝子検査を行いました。
するとIgAの値が高いことがすぐにわかったのです。
粘膜状に高濃度の抗体が見つかりました。特に気管と消化管の上皮にです。

彼は真菌、遺伝子HLA-DRBQに対しても陽性反応が出ました。

ロバートに対しての治療プランは明確になりました。
これらがロバートの症状の原因であり、薬は彼の症状をひどくしているだけだ
ということがはっきりとわかったのです。

ヘルスコンサルタントは、
すぐにロバートにオーダーメイドのサプリメントを処方しました。

倦怠感と集中力の欠陥が改善されるまでに少し時間は必要でした。
体に蓄積された毒素が排出されるのには時間がかかるものだからです。

症状が改善したロバートは、5年ぶりにクロスフィットゲームを再開し、
表彰されるまでになりました。

腹痛はほとんど無くなり、エネルギッシュになったといいます。

彼はヘルスコンサルタントへ宛てた手紙をこう結んでいます。
「人生を生きる意味を取り戻しました」と。


 ゴリラの腸内環境 

私たちの腸は驚くほど強いものです。

浸透性、半透性の上皮から成り複雑な迷宮のようになっています。
そして驚くほど弾力性があります。

しかし、コルチゾールというストレスホルモン、真菌毒、
体に悪い食品などで上皮に継続的にダメージが与えられると、
炎症、アレルギー反応など様々な症状が起こります。

北アメリカには腸炎患者は450,000〜 600,000人ほどいると言われています。

これらの問題は
バクテリア、環境、免疫異常、遺伝的要因により起こるとされていて、
簡単に解決できるものではありません。

過敏性腸症候群、クローン病、リーキーガット症候群は
簡単に言うと何かしらの原因があって、腸に炎症が起こる病気です。

しかし診断というものはたいてい原因を見ずに、今ある症状に対してつけられるものです。

検査は、決まったルーティーンに従って行われるだけです。

多くのクライアントが何度検査を受けても結果的に何もわからなかった場合が多いのです。

それゆえ、異なったアプローチが必要になってくるのです。

食生活を変えることがまず第一に考えるべきことです。

1.乳製品を避けることまず初めてに考えていきますが、
これがすべての人に有効なわけではありません。


2.糖質と穀物を減らすことも次のステップとしておすすめですが、
これも全員に当てはまるわけではありません。



 胃腸のストレスは心のストレス 

Depression disorders are illnesses of the brain.
うつ病は脳の病気です。


うつ病患者の脳のMRIは
そうでない人のものと著しく違うということがわかっています。

現代の医学では、
うつと消化管には大きな相関性があることもわかっています。

うつの代表的な症状は下記のようなものです。

・絶望的、悲観的な気分
・イライラする、落ち着かない
・疲労、倦怠感
・不眠または過眠
・自殺願望
・消化不良
・何にも興味を示さなくなる(趣味、セックスなど)

神経伝達物質の研究を専門とするDr. Amenは
不健康な胃腸が脳に与える影響を研究した第一人者です。

もしあなたにうつ症状が見られるのであれば、
抗うつ剤の服用を始める前に、胃腸と脳の関係を考えてみることをお勧めします。
(この点をサポートしてくれる医師に相談しましょう)


 胃腸を健康にするために 

胃腸を健康にするための、お勧めの朝の習慣をご紹介します。
胃腸の調子を整えるために、次のようなことを取り入れてみてください。

睡眠はあなたの胃腸にとても大切です。

睡眠中に胃腸が治癒するのです。


最低でも平均7時間の睡眠を取るようにしましょう。

朝目覚めた時というのは、あなたの体はスポンジのような状態です。
水分不足の状態なので、どんなものでも吸収しようとします。

睡眠中は体は食べ物や飲み物を吸収しません。
ですので朝目覚めた時にいちばん栄養を吸収するものなのです。

しかし85%のアメリカ人は起床後にコーヒーを体に流し込んで、
一層体を脱水状態にしています。

ですから、
朝起きてすぐに約500mlの浄水に海塩をひとつまみ混ぜて飲みます。

水を一口ずつゆっくり飲みながら、外に出て腕を空に向かって伸ばし、
今感謝していることを口に出して言ったり、
神からそれらを与えていただいたことにお礼を言います。


それから、こんぶ茶を約250ml飲みます。
生の、オーガニックの、自家製のこんぶ茶が理想的です。

自然発酵した自家製のプロバイオティクスほどパワフルなものはありません。

こんぶ茶の他、ケフィアやキムチなどもそうです。


前夜の夕食を19:30頃に終え、朝食は昼12:30までは摂りません。

これはインターミッテント断食といって、胃腸の健康にとても役立ちます。

食べ物の消化にかかる胃腸の負担を一時的に休ませ、毒素を排出するのを助け、
次の食事のために善玉菌を準備しておくことにつながるのです。


もし夕食が不健康なものだった場合は、
次の日の朝10:30頃にプロバイオティクスのサプリメントを摂ります。

毎年検便をして健康状態を把握しておくこともよいでしょう。

毎年する必要があるのかと思われるかもしれませんが、
いつも自分がどういう状態なのかを知っておくことは良いことなのです。

ただ、サプリメントや食生活はとてもパワフルとはいえ
改善策の一部分であるということは覚えていてくださいね。



 さらに詳しく知りたい方へ 

ご自分の胃腸の状態を知り、
もっと活力あふれた幸せなハイパフォーマーになるための
オーダーメイドのプランをお知りになりたいですか?

コンサルテーションのご予約はこちらからどうぞ



 【ヒポクラテスの格言】 

「満腹が原因の病気は空腹によって治る」
「月に一度断食をすれば病気にならない」
「病気は神が治し、恩恵は人が受け取る」
「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」
「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」
「病気は食事療法と運動によって治療できる」
「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」
「人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている」
「賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ」
「病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない」
「健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない」
「食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか」
「人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる」
「病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る」
「病気は、人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医者はこれを手助けするものである」

< スーパーフードを通販で購入するならホールフード・ライフスタイルへ >

販売業者
Whole Foods Lifestyle
所在地
東京都豊島区東池袋3-1-4-1211
電話番号
050-5534-5527
メールアドレス
support@wholefoodslifestyle.net

ページトップへ